日帰りスキーについての豆知識

subpage01

冬が近づくにつれて恋しくなるスキー・スノーボードですが、ウィンタースポーツは他のスポーツと比べて、道具やリフト代、交通費がかかります。日帰りスキーは宿泊費・食事代を節約できる魅力的なプランですが、移動とスポーツ、食事などのイベントを1日でこなすため、体力的に非常にハードです。

自家用車で行くと疲労が重なり、思わぬ事故につながる可能性があるため、日帰りスキーは運転の必要がないツアーを利用することをおすすめします。


日帰りスキーは宿泊プランと比べて少ない荷物ですむため、移動が快適で肉体の疲労を軽減できます。荷物が少なくてすむのは非常に魅力的ですが、暖かい衣服や目を守るゴーグルは忘れずに持っていきましょう。

ウィンタースポーツは意外と汗をかくスポーツなので、体調不良にならないように、速乾性のある肌着を着ていくのがおすすめです。

スキーツアーについて正しい知識を持つこと重要です。

雪山では強風が吹くことがあるため、運が悪いと帽子やコンタクトレンズが外れて飛ばされてしまうことがあります。
帽子は色がついているので飛ばされても見つけやすいですが、透明で小さいコンタクトレンズは、雪の上でなくすと見つけることができません。
普段からコンタクトレンズを付けている人は、ゴーグルをかけて目を保護したり、眼鏡に取り替えるなどの対策を行った方がいいです。



スポーツをしている間、荷物はコインロッカーに預けることになるので、100円玉をいくつか持っていくことを忘れないようにしてください。

エキサイトニュースの情報が必要なタイミングで手に入ります。